TextViewで3点リーダー

<TextView
android:layout_width=”fill_parent”
android:layout_height=”wrap_content”
android:ellipsize=”end”
android:singleLine=”true”
android:scrollHorizontally=”true” />

textAppearance

Androidのテキスト類は統一感を出すため、以下の通りテキスト大・中・小でスタイルを持っています。
android:textAppearance=”?android:attr/textAppearanceSmall”    小サイズ表示
android:textAppearance=”?android:attr/textAppearanceMedium”    中サイズ表示
android:textAppearance=”?android:attr/textAppearanceLarge”    大サイズで表示

参照
http://tools.oesf.biz/android-4.0.1_r1.0/xref/frameworks/base/core/res/res/values/themes.xml#83

同じスタイルを使いたい場合は、以下のように指定します。

<TextView android:id="@+id/text_large"
    android:textAppearance="?android:attr/textAppearanceLarge"
    android:text="@string/large_text"
    android:layout_width
="mach_parent"
    android:layout_height="wrap_content" />

inflate時の注意(styleが適用されない件)

inflate時の書き方によって、styleで適用されないものがあったので、メモします。

●style
<style name = “AppTheme” parent = “@android:style/Theme.Light”>
<item name = “android:textViewStyle”>@style/App.Defalut.TextView</item>
</style>

●ソース
LayoutImflater inflater = (LayoutInflater) getApplicationContext().getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);

上記だと、styleが適用されなかった

以下にすると適用されました。
LayoutImflater inflater = LayoutImflater.from(xxxxActivity.this);

区切り線

Androidの画面を作成していたら、区切り線が必要になったので、
区切り線を部品化しました。作成方法は以下の通り。

layoutのxmlで区切り線のレイアウトファイルを作成し、部品化します。

●res/layout/border.xml
<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<ImageView
xmlns:android=”http://schemas.android.com/apk/res/android
android:layout_width=”fill_parent”
android:layout_height=”1dp”
android:src=”@android:drawable/divider_horizontal_bright”
android:scaleType=”fitXY”
android:gravity=”fill_horizontal”
android:layout_marginTop=”10dp”
android:layout_marginBottom=”10dp”
android:contentDescription=”@string/border” />

区切り線を入れたいlayoutファイルに以下を追加する。
●res/layout/main.xml

<include layout=”@layout/border”/>